歯科治療

ワンちゃん ネコちゃんの歯医者さんが出来る事

 

 

 

 動物病院の獣医師だからこそ 犬猫の解剖学  生理学、行動学に精通しています。動物歯科の専門的な知識 技術を駆使した治療を行います。

 お口のトラブルは、全身の病気ととらえて、治療いたします。

 痛みや恐怖の無い、安全な治療をいたします。

 ワンちゃん ネコちゃんも、痛みのある お口を触られるのは,怖いものです。そのため リラックスした状態で診察を受けていただける様に、動物にやさしい 歯科治療を心がけています。

 治療後にお家へ帰った後も、ご家族の方にご協力頂ける事を 最大限に活かせる様 努力いたします。お気づきの点や、ご希望を ご遠慮なくお話いただける環境づくりをいたします。

 初診は、60分から90分のお時間を頂き、丁寧に診察いたします。

 

 

 

 

口腔内クリー二ング

 

プローブ エキスプローラーを用いた口腔内検査

動物歯科用 デジタルレントゲン撮影による歯牙、歯根膜と歯槽骨の評価

動物用超音波スケーラー ハンドスケーラー キュレットを用い 歯周ポケット内を含めた 歯石 歯垢の徹底的な除去

口腔内の再評価

(キュレタージ)

5段階ポリッシング材で歯の表面をピカピカに磨きます

(ワンちゃんは可能な場合ワックスで仕上げます)

 

歯周病治療

口腔内クリーニングで対応出来ない 中度から重度の場合

 歯肉切除術
 歯肉粘膜フラップ形成術を用いた オープン歯肉縁下スケーリング・ルートプレイニング
 エムドゲインゲルによる歯周組織再生術
 歯内治療
 抜歯術
 細菌培養同定感受性試験の結果に基づいた、抗生物質を選択します

 

口腔外科

 お顔の変形を少しでも防ぐために、骨補填材を使用したり、歯肉粘膜フラップ形成術を用いた抜歯下の縫合に工夫をしています。

 口鼻瘻菅閉鎖術
 口腔内腫瘍
 顎切除術
 舌切除術
 交通事故等の外傷処置
 唾液腺切除術
 口蓋裂

 

歯冠修復

歯内治療

矯正治療
機能的な問題を解決いたします

慢性口内炎

慢性潰瘍性歯周口内炎

猫の若齢性歯周炎

歯牙吸収病巣

歯肉過形成

エナメル質形成不全

 歯科治療は、とても精密な指先のコントロールが必要です。
 繊細な作業を長時間 集中して行えるように、pd styleを採用しています。

 歯を失わない為にも、ホームケアーを含めた予防歯科治療が最も大事です。

 歯科カルテを作成し、その子に合わせたデンタルケアープランをご提案いたします。